性暴力被害者が実名で講演 「否定せず向き合って」 – livedoor


性暴力被害者が実名で講演 「否定せず向き合って」
livedoor
犯罪被害者を支援する大分被害者支援センター(大分市)主催の講演会が22日、大分県日田市であり、幼いころ性暴力被害に遭った同県の工藤千恵さん(42)が初めて、実名で一般向けに体験を語った。 工藤さんは8歳のときに誘拐され、被害に遭った。同級生に事件のことを ...

Filed under: 未分類 — 被害者 - Google News 10:52 PM

性暴力被害者が実名で講演 「否定せず向き合って」 – 中日新聞


性暴力被害者が実名で講演 「否定せず向き合って」
中日新聞
犯罪被害者を支援する大分被害者支援センター(大分市)主催の講演会が22日、大分県日田市であり、幼いころ性暴力被害に遭った同県の工藤千恵さん(42)が初めて、実名で一般向けに体験を語った。 工藤さんは8歳のときに誘拐され、被害に遭った。同級生に事件のことを ...

and more »
Filed under: 未分類 — 被害者 - Google News 8:52 PM

「全員帰国がゴール」 拉致被害者家族が緊急集会 – MSN産経ニュース


「全員帰国がゴール」 拉致被害者家族が緊急集会
MSN産経ニュース
拉致被害者の家族会などは22日、東京都港区の友愛会館で緊急集会を開いた。拉致被害者らの再調査に関して日朝両政府が5月下旬に合意したことを受けて急遽(きゅうきょ)開催され、被害者家族らは再調査を通じ、一部ではなく全ての被害者が帰国できるよう訴えた。
拉致被害者家族らが緊急集会 全面解決へ「毅然と交渉を」日本経済新聞
“拉致被害者の全員救出”訴える集会を開催(東京都)日テレNEWS24
拉致家族会「生存者の帰国先決」 東京で緊急集会西日本新聞
新潟日報
all 26 news articles »
Filed under: 未分類 — 被害者 - Google News 8:28 PM

拉致家族会:「生存被害者の帰国先決」都内で緊急集会 – 毎日新聞


拉致家族会:「生存被害者の帰国先決」都内で緊急集会
毎日新聞
北朝鮮による拉致被害者家族会と支援組織「救う会」などは22日、東京都港区で緊急集会を開き、日朝両政府の合意に基づき北朝鮮が設置する方針の日本人の安否に関する特別調査委員会について「生きて救出を待っている拉致被害者をまず帰してほしい」と訴えた。 家族会 ...

Filed under: 未分類 — 被害者 - Google News 8:26 PM

47NEWS > 共同ニュース > 「チッソ責任免罪」水俣病被害者団体が抗議声明 会社法関連法で – 47NEWS


47NEWS > 共同ニュース > 「チッソ責任免罪」水俣病被害者団体が抗議声明 会社法関連法で
47NEWS
水俣病の原因企業チッソが子会社株を譲渡(売却)する際に株主総会の承認を不要とする会社法関連法が成立したことを受け、水俣病被害者4団体が21日、水俣市で会見。「チッソの責任を免罪し、水俣病の解決を大きく阻害するもの」との抗議声明を発表した。 4団体は水俣病 ...
チッソ:「株売却が容易に」改正会社法成立 被害者ら反発毎日新聞
責任逃れに手貸すしんぶん赤旗

all 9 news articles »
Filed under: 未分類 — 被害者 - Google News 10:34 AM

仕事も恋愛も熱心なだけではダメ? – 東洋経済オンライン


仕事も恋愛も熱心なだけではダメ?
東洋経済オンライン
前編では気になる異性へのアプローチの仕方や今までの合コン体験について語り合いました。今回は「ドキッとする瞬間」について話していきます。 ... は、失敗してもすぐ立ち上がるような人がいいですね。失敗してもそれを隠そうとしないで、怒られてもケロッとしているような感じの。

Filed under: 未分類 — 合コン 失敗 - Google News 6:04 AM

県警女子会 志望を後押し 2014年06月22日 – 読売新聞


県警女子会 志望を後押し 2014年06月22日
読売新聞
また、県警によると、5月に行われた大学生対象の女子会では、結婚や恋愛に関する質問が多かったという。 今回参加した山形北高3年の大浦愛さん(17)は「仕事内容には興味があったが、体力面が不安で 躊躇 ( ちゅうちょ ) していた。先輩の女性警察官も最初は同じ気持ちだ ...

Filed under: 未分類 — 恋愛 被害者 - Google News 5:10 AM

県警女子会 志望を後押し 2014年06月22日 – 読売新聞


県警女子会 志望を後押し 2014年06月22日
読売新聞
また、県警によると、5月に行われた大学生対象の女子会では、結婚や恋愛に関する質問が多かったという。 今回参加した山形北高3年の大浦愛さん(17)は「仕事内容には興味があったが、体力面が不安で 躊躇 ( ちゅうちょ ) していた。先輩の女性警察官も最初は同じ気持ちだ ...

Filed under: 未分類 — 恋愛 被害者 - Google News 5:10 AM
2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30